えだまめ日記

食に関する仕事を十数年。今は保育園で給食の先生をしています。色んな方に役に立つブログでありたい。 忙しい現代社会ですから、市販で食べれるお菓子、飲料、パン等もどんどん紹介していこうと思います。

乳糖不耐症さんが食べれる乳製品と粉ミルク

乳糖不耐症牛乳アレルギーの違いはこちらの記事に詳しく書いております。
www.edamamesensei.info

乳糖不耐症とはどうやってわかるのか

乳糖不耐症であるかどうかは医療機関で診断してくれます。

ちなみにヨーロッパ以外の成人の場合はよく成長とともに分解酵素が減るので、ほとんどの健康な成人は大量の乳糖を消化できないため、大半の人は乳糖不耐症という研究結果もあります。

ですので、牛乳を飲むと明らかに調子が悪く、日常生活に支障がある方は自己判断せずに医療機関を受診されることをお勧めします。

子どもだと、たとえば職場の話(保育園)ですが、0歳児さんがよく胃腸炎にかかった後に一時的な乳糖不耐症になることがあります。

なんだか下痢が続くな、と受信したら乳糖不耐症と診断されるそうです。

また先天的に分解酵素が少ない方もいます。

月齢によっては乳糖不耐症用の粉ミルクを与えたり、給食のメニューを変更して対応しますので必ず担任の先生に伝えて下さいね。

今のところ一時的な子は、だいたい1歳児クラスにあがる頃には治っていますね。


乳糖不耐症さん・牛乳アレルギーさんの粉ミルク

森永さんのノンラク

乳糖、ガラクトースの摂取制限がある子どもさん用です。


同じく森永さんのニューMA-1

同じく森永さんのMA-mi

こちらは乳たんぱく(カゼイン)を酵素消化しアレルギー性を低くしてある、牛乳アレルギーさん用のミルクです。

たんぱく質の分解度(分子量)や栄養成分が若干異なります。

和光堂さんのボンラク

牛乳成分を使わず、大豆たんぱくで作られています。

明治さんのミルフィー

ルクアレルゲン除去、無乳糖の粉ミルクでスティックタイプも販売されているので持ち運びに便利です。

同じく明治さんのエレメンタルフォーミュラ

牛乳アレルギー、乳糖不耐症ガラクトース血症のお子さん用のミルクです。


雪印ビーンスターク さんのビーンスタークペプディエット

牛乳アレルギー、乳糖不耐症ガラクトース血症のお子さん用のミルクです。



乳糖不耐症さんが食べれる乳製品

乳糖は牛乳、スキムミルク、練乳、生クリーム、アイスクリーム、シチュー、プロテインに多く含まれています。

乳糖不耐症さんは全ての乳製品が食べれないわけではありません。

ヨーグルト、乳酸菌飲料(カルピスやヤクルト)、チーズなどの発酵性乳製品は製造過程で乳糖がある程度分解されるので乳糖不耐症を起こしにくいです。

もちろん完全にないわけではないので、心配な方はラクトースフリー=乳糖をあらかじめ分解した食品の製品・乳糖を含まない製品を探すといいです。

日本では通販で増えてきましたね。

ちなみに一時的な乳糖不耐症の子どもさんには念の為乳製品全般除去しています。


栄養面が心配なら

栄養面がきになる場合は、カルシウムだと小魚。

低月齢だとちりめんしらすがおすすめです。

タンパク質肉、魚、卵で摂取したらよいですね。


症状は軽いから牛乳を飲みたいという方は、乳糖80%分解した2つの商品をおすすめします。

雪印さんのアカディ おなかにやさしく

180ml・500ml・900mlで販売中です。

南日本酪農共同 デーリィさんのおなかにやさしいミルク

200ml・1000mlで販売中です。